Reason3 東急グループ企業としての信頼感

「選ばれる沿線」が事業エリア

約1億5000万人――これは、1年間に東急のバスを利用いただくお客さまの人数です。この数字は、当社が渋谷や自由が丘、二子玉川といった幅広い世代に支持される街をいくつも抱え、東急グループが開発した日本屈指の住宅地である多摩田園都市など、人口密度の高い東急沿線地域を事業エリアにしているためといえます。加えて、それはおよそ90年にわたり高付加価値の街づくりを追求し、「選ばれる沿線」を目指してきた東急グループに対するお客さまの信頼の表れでもあります。東急トランセもその一翼を担っており、サービス・プロバイダー一人ひとりが、その信頼を支えています。

信頼されているから、期待される

お客さまの深い信頼は、高い期待の表れでもあります。そのため、おもてなしの心を忘れてしまえば、「東急さんなのに……」と、そのご期待を裏切ることになりかねません。サービス・プロバイダーは、私たち東急グループが築いてきた街を支える公共交通の担い手として、この街と、この街にお住まいの方々、お越しになる方々を大切にしようという思いで、日々の業務に勤しんでいます。お客さまからのご期待は、良い意味で注目されているということであり、同時に東急グループが築き上げてきた信頼の証でもあります。私たちには、お客さまから寄せられた高い期待と信頼に、東急グループの一員として誇りをもって臨んでいます。